TEAPOT MAGAZINE

見たい!行きたい!知りたい! |旅行・おでかけを中心に情報発信!「風の時代」を楽しむライフスタイルマガジン ♪

2024年は本格的な風の時代!仕事や恋愛に取り入れたい価値観とは?

テレビやネットで話題の「風の時代」。コロナ禍の影響を受けて自分の生き方について改めて考える機会となった今、どんなワークスタイルが注目されるのか。どんな価値観が受け入れられやすいのか。風の時代の波にのるヒントをお届けします。

「風の時代」はいつからいつまで?

占星術の世界では、2020年12月22日からスタートしたとされる「風の時代」。ネット上では、ここから約200年が風の時代だと騒がれていますが、一説によると、2023〜2024年頃が本格的な風の時代で、2020年は変動期の段階ともいわれていました。

 

つまり本格的な風の時代が始まったとされている2024年は、さまざまな可能性がある!ということ。2020年12月21日までの「土の時代」は、地位や権力、学歴、職業、肩書き、名誉、年収、所有物など、所有することで安心を得る時代といわれていましたが、風の時代の特徴は、所有することから解放され、勝ち負けや上限関係を競うのではなく、自由な多様性が受け入れられる情報とコミュニケーションの時代。モノをシェアしたり1つの場所に囚われない価値観が、今まで以上に大切にされるといわれています。

 

実際に、テレワークや地方移住、カーシェア、シェアハウスなど、身近なことでも「風の時代」らしさが感じられるものが出まわっているのも事実。自分の中で「これは風」「これは土」と振り分けておくと心の整理ができておすすめです。

 

見た目じゃない!風の時代にモテる人の特徴

風の時代に注目を集める人は、見た目の良さではありません。参考になるポイントをまとめてみました。

 

趣味や好みなど共感できるモノが多い

自由で縛られない風の時代に好感度が高い人は、見た目の可愛さや美しさより共感できる人。アプリで加工された顔より、好きなアーティストが一緒、食べ物の好みが似ている、ハマっているゲームが同じ・・・など、共感できる要素が多いほど、良い関係が築きやすくなる傾向があります。好きなモノを一緒にシェアできる人とのおつきあいが吉です。

 

自分の好みをハッキリ提示する

SNSから個人情報を閲覧したり気軽にコンタクトが取れるからこそ、自分の意思をハッキリ提示することが大事。「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔しないよう、自分が大切にしている価値観を相手に伝えた方が、自分に合う人と出会える確率も上がるはずです。周りから良く見られたいと思う心は抑えて、ありのままの自分を素直に発信した方が風の時代らしいと言えるでしょう。フラットな状態で出会った方が、変な探り合いもなく案外うまくいくケースもあります。

 

性にこだわらず、中身重視

風の時代を占星術のホロスコープでさらに細かく見ると、2020年3月20日の春分の日から2040年頃まで「水瓶座」のパワーが強く入るそうです。この水瓶座は、「中性的」な雰囲気がキーワード。男女という性にこだわらず、新しいモノを受け入れて自分を変化させていくことが魅力アップの近道になるのではないでしょうか。

 

風の時代らしい仕事スタイル

大手企業・年収が高い・権力があるポジション、こうした基準で仕事を選ぶより、やりたい事をとことん追求して自分が社会に影響を与えていく……いわゆるYouTuberやインフルエンサーが当てはまりますが、ある意味それが風の時代らしい仕事スタイルです。

 

決まった時間に出社して業務をこなすルーティーンワークから離れ、テレワークやワーケーションでオンラインをフル活用。ネットが繋がれば、どこでも仕事ができるような仕事環境を今のうちに整えておくと、自分らしいライフワークの実現に近づけるかもしれません。

 

実際に大手企業では、すでに業務委託契約で仕事を続ける「個人事業主化」が始まっています。現在は一部の企業だけですが、今後は広まる可能性もありますので、今のうちに準備しておくとおすすめです。

 

 

幸せを掴む!風の時代の開運アクション

風の時代におすすめの開運アクションを紹介します。

 

自分の得意分野・好きなことに全集中

ネットで調べればあっという間に大量の情報が得られる風の時代。自分の得意分野や好きなことは、とことんリサーチして「オタク」になってみましょう。例えばそこからオンラインのワークショップに参加してみるもよし、情報交換をするもよし。好きなモノが同じ人と共有することで、自分にとってプラスになる人間関係が広げられます。もちろん、日本国内に限らず海外でもOK。韓流アイドルの追っかけをしているなら韓国のアイドル好きさんと繋がってみる、コロナが落ち着いたら留学したいと考えているなら、留学したい国に住んでいる日本人と連絡を取り合ってみる、小さな行動が未来に結び付いて良い方向へと導いてくれます。

 

プチボランティアで社会貢献

世界的な問題として取り上げられている「SDGs」が示すように、一人ひとりが行動を起こさなければならない今。大きなプロジェクトに参加しなくても、街のゴミ拾い活動に参加する、里親のワンちゃんを飼うなど、少しでも関わりを持つことで、今まで見えなかった社会問題が認識できるようになります。そこからやりたい事が見つかったり、もっと調べたいと思えるモノが出てくる事も十分あるので「何をしたらよいか分からない」と考えてしまう方は、ボランティア活動からチャレンジするのがおすすめです。

 

 

生き方に対する価値観が大きく変化している風の時代。「当たり前」という殻を打ち破って、自由で軽やかなライフスタイルを楽しんでくださいね。

見たい!行きたい!知りたい!
「風の時代」を楽しむ
ライフスタイルマガジン
当サイトにはプロモーションを含みます © TEAPOT MAGAZINE